【疲れが取れない・慢性的な疲労感】アドレナルファティーグ(副腎疲労)かもしれない

アドレナルファティーグ(副腎疲労)について

こんな症状に心当たりありませんか?

・朝起きるのがつらい

・疲れが取れない

・塩物が欲しい

・性欲低下

・ストレスに対処できない

・PMS(生理前症候群)悪化

・カフェイン中毒

・夕食後やっと元気になる

etc...

 

もし心当たりがあるかたは、アドレナルファティーグ(副腎疲労)かもしれません。

 

アドレナルファティーグ(副腎疲労)って何?

アドレナルファティーグとは、副腎が疲労している状態のことを指します。

ちょっと難しい話になりますので簡単に・・・

アドレナルファティーグは抗ストレスホルモンであるコルチゾールを分泌する副腎が疲労してしまう症状です。

日頃のストレスや食習慣が原因でストレスを退治するためにコルチゾールを副腎が作ってくれるんですが、ストレス過多になると副腎は休み無しでコルチゾールを作らなければならなくなり、副腎が疲労してしまいます。

これがまさに、副腎疲労(アドレナルファティーグ)です。

 

対処法はあるのか?

アドレナルファティーグをケアするためにはビタミンCを摂ると良いといわれていますが、そう簡単に治らないのがアドレナルファティーグです。その理由は腸内環境に起因する吸収力の低下が作用している可能性があります。

つまり、腸内環境の改善から始める必要があるのだと・・・

もちろん、腸内環境以外にもストレスを遠ざけた生活など様々なアプローチが必要ですが、第一歩として腸内環境は重要なポジションを締めているので腸内環境の改善が必要です。

腸内環境は人間にとって基礎となる「消化」「吸収」「排泄」を行ってくれる機関です。

吸収能力が低下した腸内環境を改善した上で、ビタミンCや栄養素を取り込んでいくことが大切です。

何をするにしても基本を見直すことは大切だと思います。

疲れが取れなくて悩んでいる方は参考にしてみてください。