食事量が増えるアスリートこそ酵素がオススメな理由!

食事量が増えるアスリートこそ酵素がオススメ!

普段からトレーニングをしている人やトップアスリートの人、スポーツを行なっている学生は強度なトレーニングで体に大きな負荷をかけると同時に、ダメージを超回復させる為に多量のタンパク質と炭水化物を必要としますよね。

 

一方で、多量の食事は消化への負担が大きくなり、リカバリーの妨げになる可能性があります。

アスリートが食事で意識したい消化」についてご紹介します。

 

多量の食事を受ける受け皿は大丈夫?

多くのアスリートは疲労回復や成長のために、タンパク質の摂取量や食事量に気を使っていると思います。

一方で、どれだけ必要な食事量がわかっていたとしても、その量を自分の体が処理できるかどうかは別物だと思います。

 

必要な食事量を食べたとしても、食べたものを消化吸収する内臓の機能が対応できなければ、必要な栄養素を体内に吸収できないばかりか、内臓疲労の原因にもなる可能性があります。

夜遅くにご飯を食べ過ぎて、翌朝消化不良で朝ごはんが食べれない・・・そんな悪循環を抱えているアスリートも多いと感じています。

つまり、必要量に対して、きちんと体内で処理できるのか?

という意識を持つことが大切だと思います。

 

 

消化吸収を意識した食事法

消化を意識してケアする方法があります。

 

しっかりと咀嚼をして細かく噛み砕いてから食べる

発酵食品を取り入れる

生野菜やフルーツを取り入れて酵素を取り入れる

 (例えばパイナップルにはタンパク質を分解してくれる酵素が入っている)

お魚には大根おろしをトッピングする

 (大根おろしにも酵素が含まれているのでお魚の消化をサポートしてくれます)

 

いかがでしょうか?

食事量が増えるアスリートこそ、消化を意識した食事を取り入れてみるのも1つだと思います。

是非参考にしてみてください。