タイでマングローブの植樹活動を終えて来ました。

 

タイ(バンコク)へ行って来ました!

出発前に「今この仕事ができる喜びを胸にタイへ出張します!感謝を忘れない企業でありたい。」という記事でなぜタイに行くのか?について書かせて頂きました。

この記事で書いた通り、私たちの仕事に関係の深い「マングローブ」の植樹活動をしっかりと終えて来ました。

なぜ、私達がマングローブの植樹活動をしたいと思ったのか?

についてまだ読んでいない人は是非、上記の出発前の記事を読んでみてください。

 

マングローブってこんな植物

 

マングローブって聞いたことある人も多いと思いますが、写真のような植物のことです。

亜熱帯地域の海辺によく生息しているのですが見たことありますか?

私達の商品はマングローブ無くして存在しない。だから、マングローブに恩返しを!ということで、マングローブの植樹活動を企画し始めました。

 

マングローブが守られているエリア

 

今回は、マングローブの保全活動を行なっているエリアでの植樹活動です。

バンコク市街から車で1時間半程度走ったところにあります。

こんな感じの遠浅の海で、潮の満ち引きで海に浸かります。

心地よい風が吹いていて、30度を超えるタイの暑さを少し和らげてくれます。

このエリアでは年々減少するマングローブを守るために、マングローブの保護が行われており、その活動を讃え、国王の国であるタイの王族がこの地を訪れています。

 

 

植樹活動については

 

今回は私達株式会社サモリットとグループ会社であるアイエスオーソリューション(タイ)との共同で実施されました。想像以上にハードな活動となりましたが、楽しく実施して来ましたよ。

 

実際の植樹活動

 

今回お伝えするのはココまでです!!

続きは4月に発行されます「エヌザイム新聞」にて詳細を掲載しております。

みなさんのお手元に届く商品と共にお届けされますので、マングローブの植樹活動の続きをご覧ください!

お楽しみに!